Material自然素材

素材で暮らしをもっと心地よく

  • TOP >
  • 自然素材

Material自然素材

01珪藻土・漆喰塗り壁/紙クロス時間帯で変わる雰囲気

壁には珪藻土や漆喰の塗り壁、天井には紙クロスをよく使用します。自然の素材でできたやさしく柔らかい風合いに、無垢の床やタイルがとてもよく合います。珪藻土や漆喰の塗り壁は、表面がとても個性的で、性能だけではなく質感も楽しみたい人にぴったり。朝と夜、天気や時間によって異なったニュアンスが生まれるので、違った雰囲気を味わえます。一面だけアクセントで色を変えても素敵ですね。

Point

メソポア珪藻土の性能

珪藻土は植物性プランクトン(藻)が化石化したものです。メソポア珪藻土は北海道の稚内で採れる珪藻土で、細孔(小さな穴)が一般的な珪藻土より小さく、湿度が高いときは吸収し、低いときには放出することができるのが特徴です。人と建物が快適だと感じる湿度40%~ 70%を保つため、暑さ寒さを緩和し、冷暖房のランニングコストの軽減につながります。珪藻土は不燃性で、消臭効果も高く、夜ごはんの匂いも残しません。遮音性もあり、断熱性はモルタルの約10 倍も。住まいにとても適した素材です。

02無垢材フローリングやっぱり木の床がいい

足触りが柔らかくて、やさしい雰囲気の無垢の木がとても好きです。夏は自然と素足になってしまうほど足触りが心地よく、小さな子どもや動物もごろんと寝転がったり、走り回ったり。私たちは、床を張るときに使う接着剤や塗料にも自然素材を使用しているので安心して心地よく過ごしていただけます。

Point

無垢の木、広葉樹と針葉樹

木材には、大きく分けて二つの種類があります。スギやヒノキ、マツなどの針葉樹と、ナラやカバ桜、ウォールナットなどの広葉樹。針葉樹は柔らかくて、触るとどこか温かくて、ほのかに木の香りがします。広葉樹は硬い木で、傷がつきにくく、様々な色があって選ぶ楽しさがあります。どちらの木材も、ひとつとして同じものはなく、ゆっくりと色を変え変化していきます。
ショールームにたくさんの種類をご用意しています。手触りや香り、色目など実際に見て触ってお選びいただけます。お気軽にお越しください。

03オリジナル家具/ 建具わたしにぴったりな家具づくり

毎日過ごす場所に、しっくりと馴染む家具をおつくりしています。「この椅子に合わせた洗面をつくってほしい」「リビングにはオリジナルのドアが使いたい」「クローゼットの中でミシンをかけたい」住まいの寸法に合わせて、使う人の背丈を考えて。取っ手やプレートの持ち込みももちろんOK です。古材、針葉樹、広葉樹と木材もお選びいただけます。お気に入りの家具が見つからない方は、お気軽にご相談ください。

04ペレットストーブ優しい温もりが伝わるストーブ

ペレットストーブは、炎が焼却炉を熱して輻射熱の熱線で、からだの奥まで浸透するので、芯からじんわり暖かくなります。家の壁や床の内部まで遠赤外線は到達するため、部屋全体の温もりが持続します。
石油燃料を必要としない「暖」の取り方を考えることは、暮らしのあり方や地球環境について考えることになるかもしれません。煙は焚き始めに少しだけ出る程度です。煙突を付ける場所もしっかりと考慮して設置いたしますのでご安心ください。

Point

木質ペレットとは

木質ペレットは、森林の成長過程で生じる間、伐採や製材中の廃材くずなどを有効利用して作られています。ペレットを燃やすときに出る二酸化炭素は、樹木が成長する過程で空気中から吸収したもの。新たに大気中のCO2を増加させることはありません。
こうした二酸化炭素の循環を「カーボンニュートラル」と言います。
木は再び植えれば約10年後から使うことが可能。人のからだにも、環境にもやさしい木質ペレットは、今改めて注目されているバイオマスエネルギーです。

ランニングコストは?

現在、大阪府森林組合で販売されているペレットは1袋(10㎏)が650円(税込)です。 おおよそ1時間に1㎏が消費の目安となっていますので、1日10時間、一ヶ月ご使用になると1日10㎏(650円)×30日=19,500円が目安といえます。

05照明計画灯りをつけて、ゆっくり過ごそう

照明の色や位置、明るさによって気持ちも過ごし方も変わってきます。リラックスしたいときは真上から照らさず灯りの重心を少し下げて、温かみのある電球色を使います。作業するスペースでは集中できる明るさを。過ごし方に合わせて照明を組み合わせていきます。食事を楽しんだり、本を読んだり、映画を観たり。灯りをつけてゆっくり過ごしていただけるようにお手伝いいたします。

Point

「直接照明」と「間接照明」

照明は大きく分けて、「直接照明」と「間接照明」と2つあります。直接照明は照らしたいものを直接照らすもの、ほとんどがこれに属します。間接照明は照らしたいものを、壁や天井を反射させて照らすもの、柔らかい光をつくることができます。2つの照明を目的に合わせて配置することが、メリハリのある空間をつくるコツです。