blogブログ

R1住宅

お世話になっております。東です!

昼間は半袖、夜はまだまだ涼しい
寒暖差はありますが過ごしやすいですね^^

 

本日のブログは以前のブログで紹介しました安心R住宅と似たような内容に。

適合リノベーション住宅
弊社も所属しているリノベーション推進協議会のサイトからの抜粋となりますが

 

適合リノベーション住宅は、きちんと検査をしたうえで必要な改修工事を施し、その記録を住宅履歴情報として保管します。住宅履歴情報があれば、点検やメンテナンスがしやすく、将来売却するときにも役に立ちます。また、万が一の不具合に対してもアフターサービス保証がついてくるので、安心して選べるリノベーション住宅です。

適合リノベーション住宅には3つ種類があり
R1住宅・・・区分所有マンションの専有部
R3住宅・・・一棟建物
R5住宅・・・戸建住宅

今回はR1住宅にフォーカスしてブログを書かせていただきます。

(給水管、給湯管、排水管、ガス管、電気配線、分電盤、情報系配線、換気設備、火災警報器、下地検査」浴室防水)これら13項目を検査します

最終的には履歴として保管しますので住む時も安心
将来にも役立ち安心ということですね!

安心R住宅、適合リノベーション住宅のどちらか、もしくは両方基準を満たしていると
安心が得られますね^^

 

 

この記事を書いたスタッフ

東 寛和 hirokazu_azuma

関連記事