SDGs持続可能な開発目標

持続可能な開発目標(SDGs“エスディージーズ”)とは、
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」
にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、
地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、
先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、
日本としても積極的に取り組んでいます。

持続可能な開発目標(SDGs)を、住まいづくりに取り入れ
環境に正しく、身体にやさしい“土に還る素材”を積極的に使用しています。

The Global GoalsSDGsの取り組み

  • 貧困をなくそう

    バナナペーパーの用紙を使う事で、アフリカの最貧高層の人たちに雇用を生み出し、フェアトレードを行っています。

  • 飢餓をゼロに

    貧高層の人たちが栄養のある食事を得られるよう、フェアトレードの商品を応援しています。

  • すべての人に健康と福祉を

    自然素材をつかった家づくりをすることで、健康的な暮らしを提供しています。

  • 質の高い教育をみんなに

    家づくりに関わる全ての人に、SDGsについて教育をし、話し合う機会を設けています。

  • ジェンダー平等を実現しよう

    ジェンダーによる男女差別のない、ひとりひとりの実力を生かした活躍の場を職場に設けています。

  • 安全な水とトイレを世界中に

    海の汚染の元となる石油由来の物を使用せず、土に還る素材を家づくりに取り入れています。

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに

    自然エネルギーを燃料にした、人と環境にやさしいペレットストーブの普及を推進しています。

  • 働きがいも経済成長も

    仕事に誇りを持ち、スキルを高められるよう、様々なトレーニングを行っています。

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

    “地球一個分の家”のための、イノベーションに取り組んでいます。

  • 人や国の不平等をなくそう

    様々な国籍や宗教の人の雇用の受け入れをしています。

  • 住み続けられるまちづくりを

    地域に根差した企業を目指し、また地上資源を使うことで持続可能な社会の実現に貢献しています。

  • つくる責任 つかう責任

    自然素材を使った家づくりで持続可能な開発を行い、自然に返す以上に取らないことをルールとしています。

  • 気候変動に具体的な対策を

    地上資源を優先的に使用し、環境に正しい暮らしを推進しています。

  • 海の豊かさを守ろう

    水質汚染につながる化学物質やプラスチックの使用を削減しています。

  • 陸の豊かさも守ろう

    新築時、敷地の17%以上を緑化や生物多様性のエリアとして維持しています。

  • 平和と公正を全ての人に

    お客さま、スタッフ、職人、取引先など家づくりに関わる全ての人が平等な関係を構築しています。

  • パートナーシップで目標を達成しよう

    異業種の人たちと積極的に交流することで、相乗効果を生み出し、SDGsの達成を実現しています。

SDGs × HouseSDGs住宅

Point

  • SDGsを取り入れ、実際に注文住宅を施工しました。
    上記17項目の中でも、より特化した5項目を取り上げました。
    珪藻土や無垢のフローリングなどの自然素材を使用しているため、
    身体にやさしく、環境に正しい住まいが完成しました。

01. 室内

  • すべての人に健康と福祉を
    3. すべての人に健康と福祉を

    1

    2

    3

    5

    6

    7

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
    7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに

    3

    4

  • つくる責任 つかう責任
    12. つくる責任 つかう責任

    1

    2

    3

    5

    6

    7

  • 気候変動に具体的な対策を
    13. 気候変動に具体的な対策を

    1

    2

    3

    4

    6

  • 陸の豊かさも守ろう
    15. 陸の豊かさも守ろう

    2

    3

02. 外構

  • すべての人に健康と福祉を
    3. すべての人に健康と福祉を

    1

    4

    5

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
    7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに

    1

    2

    4

    5

  • つくる責任 つかう責任
    12. つくる責任 つかう責任

    2

    3

  • 気候変動に具体的な対策を
    13. 気候変動に具体的な対策を

    1

    4

    5

  • 陸の豊かさも守ろう
    15. 陸の豊かさも守ろう

    1

    2

    3

    4

    5

One Planet HouseⓇ地球一個分の暮らし

  • OPH
  • One Planet HouseⓇは、ゆいまーるClubが加盟している
    環境先進国スウェーデン出身・環境コンサルタントのペオ・エクベリ氏監修の「環境循環型住宅ブランド」です。

    現在世界人口全員で、地球1個分以上の資源を使い果たしています。私達はこれまで地球が回復できる以上に早いスピードで、エネルギー・水・木を使用してきました。この使い捨ての暮らし方を変えなければ、2030年頃には地球があと2つ必要となります。

    環境負担を半分に、そして住まう人にとって快適な“One Planet House®”(地球1個分の暮らし)を目指しています。

ご提案する「環境循環型の家づくり」とは、
・地下資源(石油由来)より、地上資源(木、紙、土など)を使用すること
・自然に還すことができる以上にとらないこと
・建材は必ず産地のわかるものを使用すること
(FSC他環境ラベル認定建材、トレーサビリティ)

<数値目標のある家づくり>
サスティナブル(持続可能な)世界を達成するために、国連が2002年の地球サミット(ヨハネスブルグ)で提唱したキーワード“WEHAB” (ウィーハブ)Water, Energy, Health, Agriculture, Biodiversity それぞれに数値目標を設定し、楽しく住まいながら地球に正しい家をご提案致します。