blogブログ

One Planet House® ってなぁに?①

こんにちは、自称3級建築士の田邉です!(※そのような資格はございません)

ようやく朝の冷え込みが穏やかになり、出勤時間帯がとても気持ちいい季節になりました。

 

その反面大阪では3回目の緊急事態宣言が発出され、せっかくのGWが自粛ウィークになってしまいました。みんなで力を合わせて一日も早く乗り切りたいですね。

 

さてみなさまは、私たちゆいまーるClubの住まいに「One Planet House®」というブランドがあることをご存じでしょうか?

 

 

本日から少しずつ、この「One Planet House®」についてお話して参ろうと思います。

お付き合いいただければ幸いです。

 

 

突然ですが、地球の誕生はいつでしょうか?

 

答えは今から約46億年前です。そして生命は約35億年前に誕生しました。

 

 

地球の環境問題が声高に発信されるようになり久しいですが、そうなったのもここ200年くらいの間の人類の行動によるものです。

 

本来地球はそれ単体で生命と物質が循環するシステムを育んでいました。

 

しかし大量に生産・消費・廃棄を続ける現代人の生活は、地球の自然のサイクルで1年間に再生できる量の1.5倍分の資源を1年で消費しています。

 

分かりやすく言うと、人類が1人で1年間に消費する資源を地球が再生するのに1.5年かかってしまうということなのです。

 

さらにこれから先の人口増加により、現在の生活を維持するには地球2個分の資源が必要になるといわれています。

 

 

『One Planet House®』とは地球本来の姿である「地球1個分の範囲内で賄える社会」に転換していくため、私たちが2012年から取り組んできた住宅にできる取り組みで、ゆいまーるClubの『環境循環型住宅ブランド』です。

 

 

 

 

また昨今よく見聞きするようになった『SDGs』ですが、『One Planet House®』との親和性がとても強いため、ゆいまーるClubではSDGsが始まった2016から、SDGsを住まいづくり事業に取り入れてきたいわばパイオニアです。

 

ちなみに私たちゆいまーるClubは日々のビジネスにもSDGsを落とし込み、微力ながら目標達成のために活動しています。

 

 

 

 

SDGsの詳細はまたの機会に、当社のSDGs部長・金城さんから紹介してもらうことにします!

 

次回は『One Planet House®』とは具体的にどのような住宅なのかをお話ししたいと思います。どうぞお楽しみに!!

この記事を書いたスタッフ

営業・監理 田邉 寛正 hiromasa_tanabe

JSHI公認ホームインスペクター

関連記事