blogブログ

ペレットストーブ〜冬の寒さを楽しもう〜

ペレットストーブ 炎を楽しむ暮らし

こんにちは。野田です。

12月に入り寒さが厳しくなってきましたね。
皆さんは寒い日は、どんな暖房器具で暖をとっていますか?

エアコンですか?

それとも灯油ストーブですか?

こたつ?電気ストーブ?

 

私たちがおすすめしたいのがペレットストーブです。

薪ストーブよりも手軽に始めることができます。

大阪市内の都会でもつかえますよ♩

↓大阪市内のペレットストーブ導入事例です。

ゆいまーるClubのペレットストーブ導入事例
ゆいまーるClubのペレットストーブ導入事例

 

間伐材の木質ペレットを使っているので、
環境にも身体にも優しいストーブです。
芯からじんわり暖まります。

ペレットストーブ

エアコンのように乾燥することもなく、
灯油のような嫌な臭いもありません。

ゆらゆらと燃える炎を見ていると癒されますよ。

 

ペレットストーブは、ゆいまーるClubの打ち合わせルームにも設置しております。

またこのストーブで沸かしたお湯でつくるコーヒーが格別に美味しいんですよ~!

 

そんなペレットストーブですが、

今週12/11(土)にペレットストーブ体験会を開催します!!
毎年ご好評いただいているイベントで、お蔭さまで5年連続開催できております。
→ ご予約ページはこちら

12/9(木)までご予約承っておりますのでよろしくお願いいたします^^
※ご好評につき、満員御礼となりました。

導入を検討していなくても、ただただ暖まりに来てください~♩
おいしいコーヒーをおもてなしします。焼き芋もつくる予定です。

講師の方はゆいまーるの住まいづくりでお世話になっている伊藤さんです。
はるばる福岡県からお越しいただきます。
珪藻土の左官職人でありながら、ペレットストーブの設置工事電磁波測定士という
幅広いお仕事をされていて、人の健康、心地よい住まいに詳しい方です。
ゆいまーるのお施主様の中にも伊藤さんのファンがいらっしゃるほど。
とてもおもしろいお話が聞けると思いますのでお楽しみに☆

ご予約お待ちしております。

ペレットストーブ 環境にやさしい暮らし

ペレットストーブはSDGsの下記の項目に当てはまっています。

木質ペレットは、森林の成長過程で生じる間伐材や製材中の廃材くずなどを有効利用して作られています。
ペレットを燃やすときに出る二酸化炭素は、樹木が成長する過程で空気中から吸収したもの。新たに大気中のCO2を増加させることはありません。

こうした二酸化炭素の循環を「カーボンニュートラル」と言います。

木は再び植えれば約10年後から使うことが可能。人のからだにも、環境にもやさしい木質ペレットは、今改めて注目されているバイオマスエネルギーです。

sdgs3sdgs7sdgs11sdgs12sdgs13sdgs15

この記事を書いたスタッフ

CAD・広報 野田 千晶 chiaki_noda

電磁波測定士

関連記事