blogブログ

無垢の杉材ダイニングテーブルをセルフメンテナンスしました。

こんにちは。野田です。

最近、娘との日課の散歩は朝昼が暑いので夕方に行っています。
この前17時頃に外に出たのに日差しが強く、軽い熱中症になりました。

水分をしっかりとって気をつけないといけないですね!

減塩!減塩!と言われていますが、
良質な塩は体にとってとても大切なので取るようにしています。

おすすめの天日塩があれば教えてください♩

 

さて!
皆さん、無垢のテーブルってメンテナンス難しいんじゃないの?って思われていますか?

 

先日、4年前に夫婦でDIYした無垢の杉材のダイニングテーブルをセルフメンテナンスしたので
その時の写真を簡単な解説付きでご紹介します。

 

前回メンテナンスをしたのは2019年の年末。

それから1年半もほったらかしていたので傷やスレ、輪じみがたくさんついていました。

 

◎メンテナンスで使った材料
・サンドペーパー(紙やすり)目の粗い240番と細かい400番使用
・食用のグレープシードオイル(オリーブオイルや蜜蝋などでも可)
・ウエス(ぼろ布)

◎所要時間
約30分

お見苦しい写真で失礼します。

無垢テーブルセルフメンテナンス

乾いた布で表面のほこりを落としてから
傷や汚れを紙やすり(目の粗い240番)で木目にそって滑らせました。

 

机の輪ジミを綺麗に

↑こちらの輪ジミも綺麗に。

ある程度汚れが落ちたら机の全体を目の細かい400番で仕上げました。

無垢のテーブルをオイル塗装 今回は家にあった食用のグレープシードオイルを使いました。

オリーブオイルや蜜蝋などの天然オイルでOKです。
グレープシードオイルはオリーブオイルのようなにおいがないので使いやすいです。

食用オイルなので赤ちゃんが舐めてしまっても安心です。

オイルの量や季節にもよりますが半日〜2日乾燥させれば終わりです。

無垢のテーブルをメンテナンス

 

簡単に綺麗になりました。

年に1〜2回メンテナンスすることが望ましいそうです。
木は乾燥が苦手なので、冬に入る前に行いましょう。

今年の秋くらいにまたメンテナンスしてあげようと思います。

自分で育てていくダイニングテーブル。年々使いこんだ味も出てきて愛おしいです。

皆さんもぜひ、無垢材の家具を取り入れてみてください。

 

この記事を書いたスタッフ

CAD・広報 野田 千晶 chiaki_noda

関連記事