columnコラム

300年の歴史ある壁材カルクウォールのメリットとデメリット

純白の壁材として、有名なカルクウォール。スイスで生まれたこのカルクウォールはデザイン性だけでなく、様々な高機能な面があり、人々を魅了しています。

カルクウォールとは?

大阪 無垢材 電磁波対策 子育て 

カルクウォールは、スイス漆喰ともよばれる
スイス生まれの天然漆喰です。

人気が高く外装としてでなく、内装としても使用される方も多いです。
天然成分100%のカルクウォールはスイス伝統の製法で作られています。

300年の歴史があるスイスの漆喰

天然スイス漆喰カルクウォールは、スイスアルプスから採れる、非常に純度の高い良質な石灰石を原料に、300年受け継がれている伝統製法で作られています。

湿気や有害物質から住む人の健康を守る安全性、美しい白さとデザイン性によりヨーロッパを中心に世界中で長い年月愛されています。

さらに、自浄作用があるため、雨風にさらされても自分自身で付着した汚れを自浄し美しさを保ってくれるメンテナンス性の高さも兼ね備えた壁材なのです。

カルクウォールは白さが長続きする壁材

狭小 無垢材 大阪 子育て 電磁波対策

いつまでも白さを保つという点ですが、白い色自体は素材そのものの色ですので、色褪せする事はありません。

真っ白のため、スイス漆喰の壁はメンテナンスが大変かも?と思われる方も多いですが、実は簡単にメンテナンスすることが可能です。

手垢、落書き、画鋲の穴など、日常生活における様々な汚れや傷はサンドペーパーや消しゴムでこすったり、少量の漆喰を使って簡単に修復が可能です。

カルクウォールのメリット

数々あるカルクウォールのメリットを紹介します。

吸湿性がある

カルクウォールは生物のように呼吸をしてくれる自然素材です。
呼吸してくれるため、室内の湿気を吸放湿してくれる特長があり、年中を通して快適に過ごしやすい環境を作ることができます。

強アルカリ性の素材でウイルスや匂いを抑制できる

カルクウォールは通常の漆喰よりも高いph13という強アルカリ性です。

強い酸化還元作用を持ち、有機物や、空気中のウイルス、匂いを吸着してくれます。
スイス漆喰の持つこれらの効果は、日本の住環境でよく悩みとしてあげられる結露やカビの発生を抑えることができます。

アレルギー、シックハウス、喘息の原因としてカビが大きく影響していると言われています。日本の気候風土を考えるとスイス漆喰のカビを抑える強アルカリ性は壁材として最適な素材のひとつです。

静電気を抑える性質がある

ビニールクロスなどの壁の仕上げ材は基本的に帯電性があり、静電気を起こすので壁一面に埃が張り付きやすく、人が通るたびに埃が室内舞ってしまいます。

その点、カルクウォールは静電気を発生させず、埃が舞いづらい空間を作ることもできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
カルクウォールは様々なメリットが多い建材です。
もし興味がありましたら、ゆいまーるにご相談を頂ければ、実際に施工する場合の費用や注意点についてお話させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

 

カルクウォールを使った施工事例

間口4m 真法院町のおうちモデルハウス

間口4m 真法院町のおうち

 

外壁に漆喰をつかった大阪の注文住宅

子どもと触れ合い、見守れる 木の温もりが心地いい住まい

 

 

関連記事