columnコラム

節電と環境にやさしい木質ペレットの特長とは?

自然由来の燃料として、近年名前を聞く機会が多くなった「木質ペレット」木でできた燃料という特徴がありますが、石油やその他の燃料と様々な点が違います。

今回はそんな注目の燃料である「木質ペレット」を紹介します。

木質ペレットとは

木質ペレットは、製材の木くず(オガ粉)や間伐材などを細粉し、圧力をかけて直径6~8mm、長さ5~40mmの円筒形に圧縮成型した木質燃料で、主にストーブやボイラーの燃料として利用されています。

木材に含まれる成分が熱と圧力で固まるため、粘着剤などは使わず、全て「木材のみ」で作られているのが特徴です。そのため、化学物質の嫌な臭いが無く、炭のように手が汚れることもありません。運搬や取り扱いが安易で、乾燥しているので着火性にも優れているといった特徴もあります。

 

環境にやさしいクリーンなエネルギー

木質ペレットを燃やした時に発生する二酸化炭素は、木が成長する時に吸収した二酸化炭素です。そのため、大気中の二酸化炭素が増減することがありません。

使用する木材は間伐材などを利用することにより、森の再生を手助けすることができます。

また、木質ペレットは石油のような化石燃料と違い、木は20年~30年で成長するので、継続的に利用できるエネルギーとなります。

木質ペレットは石油(灯油)ストーブよりお得?

ペレットストーブを検討する場合、気になることが灯油よりお得か?という事です。

お得かどうかは、燃料の物流、燃焼機器、暖房方式、税金、入手性、保管など異なりますので簡単には比較できないのですが、発熱量単位での比較は可能です。

灯油1Lに対してペレット1kgの発熱量は1/2です。
同じ暖かさを求めるなら灯油1Lに対してペレット2kgが必要です。
これは価格でも同じ事で、灯油1Lの単価とペレット2kgの単価を比較すると、どちらがお得か比較できます。

もちろんペレットストーブが必ずしもお得といえませんが、お金がかかったとしても、環境や健康、匂い等、灯油ストーブに比べ良い点が多くあります。

単純なコスト以外の部分でベレットストーブはメリットが多い暖房です。

木質ペレットの種類

木質ペレットは、大きく分けて木部ペレット(ホワイトペレット)、全木(混合)ペレット、樹皮ペレット(バークペレット)の3種類に分けられます。これら3種類の違いは使用される木材により変化します。

燃料として木質ペレットを利用するメリット

木質ペレットは、環境に優しい点や、木の匂いがする等。
様々なメリットがありますが、それ以外にも燃料として優秀なメリットがあります。

着火性に優れ、取り扱いが容易で発熱量が大きい

木質ペレットは、製材の木くず(オガ粉)や間伐材などを細粉し、乾燥、圧力させた小粒状の固形燃料です。つまり全て「木材のみ」で作られています。

また製法の過程で乾燥しているので着火性にも優れているといった特徴もあります。

含水量が少なく圧縮されていますので、チップやのこ屑をそのまま燃やすより大きな発熱量が得られます。

まとめ

木質ペレットは、一般的な燃料と違う様々なメリットがあります。
機能的な面も色々ありますが、やはり環境に優しいことが魅力です。

今回のコラムで木質ペレットに少しでも興味出た方は、ゆいまーるへお気軽にご相談ください。

 

関連記事