columnコラム

リボス自然塗料とは?アレルギーに対応した塗料について解説

 

塗料

多くの自然塗料は天然物ではありますがその溶剤にアレルギー反応を起こしてしまう方もいらっしゃいます。

ひどい場合には死に至るケースもあり、そんな方はなくなく自然塗料を使うことを避けています。

今回はそんな自然塗料において、天然物であったとしてもアレルギー反応を起こす物質は使用しないというリボス自然塗料についてご紹介していこうと思います。

リボス自然塗料とは?

リボス自然塗料とは、「健康に害のある成分は、天然物でも使用しない」というコンセプトのもとに塗料製造を続けるリボス社から発売されている自然塗料のことを指します。

世界で初めて作られた自然塗料であり、その誕生は子供が学校にいると気分が悪くなり、家に帰るとそれが治る症状が起きたことがきっかけで始まりました。

いわゆるシックハウスの症状ですね。

そういった症状が発生せずに、安心して建物を利用してもらうためにリボス社が開発した自然塗料となります。

リボス自然塗料の歴史

リボス自然塗料の歴史は1972年にさかのぼります。

リボス社は世界で初めて人の健康と安全を考えた自然素材を基にした塗料メーカーであり、その取り組みは世界で高く評価され、リボス自然塗料は世界でも幅広く認知されている塗料です。

実に40年前から続いていることもあり、その人気がうかがえますね。

リボス自然塗料の特徴

リボス自然塗料の特徴はなんといってもアレルギー反応が出ないことです。

生活の中心になる家でアレルギー反応が出てしまうととてもつらいため、世界中で重宝されています。

また、リボス自然塗料はほかの自然塗料と比べても珍しく、成分を100%開示しているという特徴もあります。

こういったところからも、リボス社のこだわりが見て取れますね。

リボス自然塗料のメリット

では具体的に、リボス自然塗料にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

リボス自然塗料は、それらを塗料する木材に合わせて使用されるため、無垢の木の調湿性を損なわず、木を堅く強くすることで、無垢の木を長持ちさせ、メンテナンスも簡単に施せるのが自然塗料に求められる効果を発揮します。

つまり、単純に使用している無垢材の耐久性が上がり、メンテナンス費用を抑えることができるのです。

無垢材は塗料にまで気を配るべし

近年、新築やリフォームの際に無垢材を選ばれる方が増えているように感じます。

無垢材は木材本来の温かみや質感を楽しむことができ、また家自体もおしゃれな雰囲気を実現できることから非常に人気です。

パイン材やメープル材、ブラックウォールナット材やアカシア材といったように多種多様な木材が存在しており、それぞれにおいて特徴、メリット・デメリットが違います。

そういった木材の中から自分に合った最適な木材を選ぶのも、無垢材を使う楽しみの一つといえるでしょう。

しかし、無垢材を使う際に付きまとう一つの問題がアレルギーやメンテナンスです。

無垢材は木材本来のまま使用するケースが多いため、アレルギー反応が出やすいというデメリットがあります。

また、仮に塗料をしていたとしても経年劣化によって剥げてしまったり傷がついてしまったりして表面が露出してしまうこともあります。

そういった際に塗料にもしっかり気を使っておけば、アレルギー反応を抑えたりメンテナンスを簡略化できたりします。
そのため、無垢材を使用する際は塗料にまで気を配りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、リボス自然塗料についてご紹介してみました。

アレルギー反応を抑える、徹底的にこだわりぬかれた一品ですのでぜひ一度皆様も試してみてはいかがでしょうか?

もしご興味がございましたらお気軽に当社までご相談ください。

関連記事