columnコラム

リビング階段にはスケルトン階段がおすすめ│メリット・デメリットを紹介

スケルトン階段

開放的でスタイリッシュな印象を持たせられる「スケルトン階段」

そんなスケルトン階段のメリット・デメリットと特徴について紹介します。

スケルトン階段とは?

スケルトン階段とは、蹴込板(けこみいた)のない階段のことをいい、「ストリップ階段」や「シースルー階段」、「オープン階段」とも呼ばれます。

蹴込板とは、階段の昇降時に足を乗せる踏板と踏板の間をつないでいる垂直の板部分のことをいいます。

蹴込板がないことによって、踏板と踏板の間に空間ができるので、開放感のある階段になります。

スケルトン階段のメリット

開放感のある空間

スケルトン階段は開放感のある空間を演出することができます。

狭小住宅などに適しており、玄関など閉塞感のある場所にスケルトン階段を作ることで、空間の広がりが生まれ開放的な印象に仕上がります。

階段の踏板と踏板の間から光や照明が差し込み、階段が明るくなるのも特徴です。

近年の住宅性能の向上により、気密性や断熱性が高くなったので、吹き抜けなどの大空間でも暖かく過ごすことができるため、リビングにスケルトン階段を取り入れやすくなっています。

リビングに階段を取り入れることで、家族のコミュニケーションが円滑になることでしょう。

階段下スペースの有効活用

過ごす場所としても活用できるのがスケルトン階段の強みです。

階段下を、ワークスペースとして利用したり、子どものプレイスペースとして使うこともできます。

スケルトン階段には、蹴込板がないため、階段自体をデスクやベンチとして使ってもいいでしょう。

インテリアのアクセントに

スケルトン階段はただ上り下りするツールとしてだけではなく、持前の存在感を生かしインテリアのアクセントとしての役割も果たします。

壁がない場所にも造作可能

スケルトン階段は、主にリビング階段として造作されることが多いですが、壁のない部分にも造作可能なので自由で、こだわりのインテリア作りを叶えることができます。

スケルトン階段の造作場所やデザインは、インテリアのイメージに合わせて選びましょう。

スケルトン階段のデメリット

工事にコストがかかる

スケルトン階段は、普通の階段に比べて、強度の確保や設置工事のコストがかかるため、導入の際に費用が高くなります。

階段下に収納ができない

スケルトン階段は開放的な空間を作ることができますが、その代わりに階段下に収納スペースを設けることができません。

収納スペースが必要な場合は、別の場所に確保することが必要になります。

安全面においての不安

蹴込板がなく階段に隙間が生じるため、小さな子どもがいる場合は落下リスクの可能性も考えられますので、安全対策が必要です。

また、ベビーゲートが取り付けにくく、取り付けられても隙間から抜けられるので、手すりにパネルやネットを付けるなど落下や侵入防止などの安全対策が必要です。

ペットの上り下りに注意

ペットが階段を上り下りする想定の場合は、スケルトン階段だと普通の階段以上にうまく上れないこともあるので、上れるかどうかの確認をしておきましょう。

スケルトン階段を取り入れるときの注意点は?

リビングにスケルトン階段を作る際の注意点として、「現在の生活動線」と「将来の生活のあり方」に焦点を置いて検討することが大切です。

リビング階段のそばにトイレやバスルームがあれば、お年頃のお子さんや来客者にとって使いにくいかもしれません。

やっと歩くようになったくらいの小さいお子さんがいる場合は、階段に近づき転落のリスクの可能性もあるので、安全対策で落下防止ネットをつけておくと安心です。

また、デザインや色選びの際には、インテリアに合わせて統一感を出すなど、選び方によって雰囲気は変わります。

スケルトン階段はインテリアへの影響も大きいため、インテリア全体とのバランスを考慮してデザインや色を選びましょう。

まとめ

このようにスケルトン階段を取り入れることで、開放感のあるスタイリッシュでおしゃれな空間を作ることができます。

スケルトン階段に興味を持っていただいた方は、お気軽にお問い合わせください。

関連記事