columnコラム

段差の高さはどれくらいが最適?小上がり和室のメリット・デメリットまとめ

小上がり和室

リフォームや新築で和室を作る時、小上がりの和室にするか、フラットな和室にするか、悩む方も多くいらっしゃいます。

今回は小上がり和室に焦点を当てて、小上がり和室を設置する際のポイント、メリット・デメリットについて紹介します。

小上がり和室とは

小上がりの和室とは、言葉の通り、床面に高さを設けて小上がりになった和室のことを指します。

リビング内に取り入れられるのが主流で、空間に高低差が出るため奥行き感を演出できます。

近年では、リフォームでも新築でも導入を検討される方が増えています。

小上がり和室のメリット

小上がり和室のメリットはどのようなものがあるでしょうか。

 

収納が増える

小上がり和室は、段差の部分に収納を作ることができます。

収納を考慮した幅や高さを確保できれば、収納スペースを増やすことができるというメリットもあります。

実際に、収納スペースの確保のために小上がり和室を作るという方もいらっしゃいます。

 

段差に座れる

小上がり和室があれば、段差に腰かけてくつろぐことができます。

フラットな和室と比べてテレビが見やすくなり、リビングやキッチンにいる家族ともコミュニケーションが取りやすくなります。

 

立体感のある空間になる

小上がりの和室があると、家の中にメリハリが生まれます。

立体感が出ると、おしゃれな空間になります。

 

リビングのほこりやゴミが入りにくい

段差がない一般的な和室は、隣接する部屋からほこりやゴミが入ってしまいがちです。

しかし小上がり和室なら、隣の部屋からのゴミの侵入を段差が防いでくれます。

 

布団を敷いてもベッドのように使える

小上がり和室を寝室として使うこともおすすめです。

段差があるので、ベッドのように楽に起き上がることができます。

起きてる時間は布団を押し入れにしまえば、空間を広く使えます。

ベッドを置くと部屋が狭くなってしまうのが気になる方にもおすすめです。

 

リラックスして寝転ぶことができる

フラットな和室だと、寝転んだ時に地面に寝ているような感覚になってしまって、リラックスできないという方もいらっしゃると思います。

しかし、段差のある小上がり和室なら不快感なくリラックスして寝転ぶことができます。

 

小上がり和室のデメリット

バリアフリーには不向き

段差があるので、介護が必要になった場合などバリアフリーには向きません。

また、自動お掃除ロボットを使用する際にも段差は昇り降りできないことを覚えておかないといけません。

 

小さい子供がいる家庭は注意

小さいお子さんが暮らしている場合、段差が高すぎると落下する危険性があり、段の高さが10cm程度と中途半端でも、つまずきやすくなってしまいます。

小さいお子さんがいる家庭で小上がり和室を作る場合は、転んだ際に手をつけるよう、段の高さは35cm前後と安全な高さを考慮しましょう。

 

リビングが狭く見える可能性がある

デザイン次第で奥行き感を出せるかは異なりますが、リビングの広さや天井の高さによっては、リビングが狭く見えてしまう場合があります。

家具を置いても狭く感じてしまわないか、事前にイメージしておくことが重要です。

 

小上がり和室を作る際のポイントと注意点

小上がり和室を作る際に、注意するべき点は4つです。

 

間仕切りを付けるか

間仕切りを付けるかどうかは、小上がり和室の使用感や見た目は大きく左右されます。

間仕切りがないオープンタイプの和室は、家事や趣味の部屋として使う分には問題ありませんが、寝室として使う場合には向きません。

 

段差の高さ

小上がり和室の段差の高さは、安全な高さで設計したいですよね。

先ほど紹介したように、小さなお子さんがいなくても高さ10cm前後の段差は、つまずき事故が多いので避けたほうがよいでしょう。

小上がり和室の段差の高さは、30~40cmがおすすめです。

段差部分に座ることを考えると、一般的に立ったり座ったりする動作には30~40cmの高さが適切です。

段差部分に収納を作るとしても、高さ20cm以下だと収容できる量が少なくなってしまいます。

 

天井と身長のバランスも配慮しよう

小上がり和室の段差の高さを決めるときは、天井との差がどれくらいになるかの考慮もした方がよいでしょう。

身長が高い方がいる場合は、段差を高くしすぎると天井との差が少なくなり、圧迫感を感じてしまうかもしれません。

 

収納スペースを作る際は使い勝手をイメージしておく

段差部分に収納スペースを作ると、物を出し入れする度にしゃがむ必要があるため、よく使う人の体格と何を収納するかを事前に決めておいたほうが失敗がありません。

 

まとめ

小上がり和室には、さまざまな活用方法があることがわかりました。

小上がり和室に興味を持っていただいた方は、お気軽にお問い合わせください。

関連記事