columnコラム

竹フローリングのメリット・デメリットを解説

竹フローリング

竹を使ったフローリングは、竹の節が風情のある和やかな雰囲気を出してくれます。

この記事では、竹フローリングのメリット・デメリットを紹介していきますので、マイホームやリフォームを検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

竹フローリングの特徴

竹材でできたフローリングは「バンブーフローリング」とも呼びます。

竹は頑丈な素材なので、ダンススタジオなどにも使われています。

最近では、自宅に使う人も増えてきています。

竹フローリングのメリット

竹フローリングのメリットを紹介します。

頑丈な素材

竹は頑丈でありながら軽く、傷や割れに強い素材です。

表面が傷つきにくいため、家具などの移動も安心して運ぶことができます。

そして、竹は弾力性が高く、重い荷物や家具を置いても、壊れることがありません。

中に空気を多く含んでいるため、蓄熱効果があり頑丈でありながら冷えにくいと言われています。

ワックスがけ不要

木製のフローリングの場合、ワックスがけが必要になります。

竹フローリングの場合は、防塵・防水性が備わっているため面倒なワックスがけは必要ありません。

季節に合わせた最適温度

竹は線状に構築されているため、熱が一方的に伝わりやすくなり、夏は熱を分散させて冷たく感じることができます。

冬は、暖房の熱を通しやすく、床が温まりやすいです。

竹フローリングのデメリット

一方、竹フローリングには以下のようなデメリットもあります。

経年劣化による変色

木製のフローリングの場合は、ワックスをかけるため、そのコーティングで変色が少ないです。

一方、竹のフローリングは、ワックスがけをしないため、年月が経つにつれて変色する可能性があります。

床表面が酸化することで、竹の経年劣化により色が濃くなっていきます。

しかし、変化した色が好きな方もいるので、一概にデメリットとはいえませんが、竹材を床に使う場合は念頭に入れておいた方がいいかもしれません。

価格が高い

木材に比べると、竹材は高価になります。

ただ、素材の頑丈さや耐久性を考えると、長い目で見るとかかる費用は変わらないかもしれません。

補修が困難

傷がつきにくいとはいえ、傷や凹みが生じた場合は補修することになるでしょう。

しかし、竹フローリングは削ったり再塗装できるわけではないので補修が困難であることがデメリットです。

竹フローリングのお手入れ方法

竹のフローリングは、基本的に特別なお手入れは不要です。

ワックスがけの必要もありません。

むしろ、ワックスをかけると、少しペタペタした感触になってしまうので、かけない方がいいです。

そして、竹フローリングは水にも強い特徴がありますが、濡れた状態で放置しておくと、カビの原因になることもありますので、すぐに拭き取るようにしましょう。

まとめ

今回は竹フローリングの特徴を紹介しました。

まだ認知度の低い床材ですが、丈夫で耐久性の高い素材なので、床のリフォームを検討している方は視野に入れてみてはいかがでしょうか?

ゆいまーるClubでは、自然素材にこだわった住まいづくりを行っています。

お気軽にご相談やお問い合わせください。

関連記事