columnコラム

アイランドキッチンのメリット・デメリット、設置する際のポイントを解説

アイランドキッチン

コミュニケーションが取りやすい、おしゃれな雰囲気になる、と近年人気なアイランドキッチンですが、実際取り入れるとなるとオープンなキッチンなので汚れが目立つのではないか、収納が足りなそう等不安に思うこともあると思います。

そこで今回は、アイランドキッチンに向いている人や快適に使うためのポイントをご紹介していきます。

アイランドキッチンとは

シンクや調理場が壁から離れているキッチンなので、島のような形に見えることからアイランドキッチンと呼ばれています。

オープンキッチンや対面キッチン等に分類されていて、とても開放感があるキッチンの一つです。
キッチンの両側から出入りすることができるため作業がしやすく、リビングにいる人との顔も合わせやすいのでコミュニケーションが取りやすく子供がいる家庭にも魅力があるキッチンとなっています。

アイランドキッチンのメリット

開放感を得られやすい

壁や仕切りがないアイランドキッチンは、視界が遮られることがないため、広い視野で作業することが可能になります。

一般的なキッチンと比べると、閉鎖的な空間にならずにキッチンを使うことができるようになります。

コミュニケーションが取りやすい

キッチンに居ながらテレビを鑑賞したり、ダイニングやリビングにいる人とも会話をしながら家事ができるようになります。

家族や友人とパーティをする時も、コミュニケーションを取りながら作業ができるようになるため来客が多いお家には使い勝手のいいキッチンとなるでしょう。

複数人で料理しやすい

複数人で使用しても、キッチンの左右に空間があるため作業がしやすくなります。

一般的なキッチンの場合は、入口が一箇所しかないためキッチン内での渋滞が起きやすくなります。

しかし、キッチンの周りが広く、前後左右どの位置からでも作業ができるため、複数人いても窮屈な思いをすることはなくなるでしょう。

アイランドキッチンのデメリット

広いスペースが必要

アイランドキッチンは壁から離れているので広いスペースが必要になります。

さらに、両側が通路となるため通路用の空間も必要になります。

場所に余裕がない住宅では、設置できない可能性もあるため、広いスペースの確保など設計時にしっかり考慮していきましょう。

コストがかかる

アイランドキッチンは他のキッチンよりも構造物の組み立てに使用する部品が多いため、値段が上がりやすくなってしまいます。

また、収納用の棚を取り付けたり、換気性能を高めることで、値段が上がる可能性もあるので予算が不安な場合は、リフォーム会社に確認してみると良いでしょう。

散らかった印象になる

アイランドキッチンは、ダイニングやリビングから常に見えているキッチンとなります。

そのため、少しの汚れでも汚い印象を与えてしまう可能性があるため、常に整理整頓に気を付けなければなりません。

アイランドキッチンが向く人とは?

スタイリッシュなキッチンにしたい人

家のデザインにこだわりがあったり、開放的に感じられる雰囲気にしたいと考えている人には、アイランドキッチンがぴったりといえるでしょう。

全体が周りから見えやすいキッチンでもありますが、余計な物を置かずに収納することで部屋全体のすっきり感も演出できます。

家族とコミュニケーションを取りながら料理をしたい人

キッチンがリビング等と近く一体感があるのがアイランドキッチンの魅力と言えます。

料理をしながら家族とのコミュニケーションが取れ、食事の準備もしやすくなるためお子様のいる家庭にもおすすめです。

アイランドキッチンを快適に使うポイント

換気システムを確保する

壁がないため臭いや煙が広がりやすいというデメリットがありますが、換気システムを高度なものに変えることで、解消することができます。

臭いが広がりやすいとされているIHヒーターであっても、キッチンの真上に大きめの換気扇を置くことで、臭いや煙を気にせず料理を楽しむことができるでしょう。

汚れを防ぐためのパネルを置く

油ハネや煙による汚れ等を防ぐためには、パネルを設置すると良いでしょう。

パネルを置くことで油による汚れの範囲が減ったり水ハネを防ぐことも可能になります。

まとめ

快適に使用するためにもしっかりポイントを押さえつつ、デメリットを考慮していくことで
理想のキッチンリフォームを実現させましょう。

アイランドキッチンに興味を持っていただいた方はお気軽にお問合せください。

 

関連記事