columnコラム

アイランドキッチンのリフォーム費用と失敗しない業者の選び方

アイランドキッチン リフォーム

アイランドキッチンとは

アイランドキッチンはその名の通り島の形をしているキッチンです。

そのため、周りに壁がなく両側から出入りがしやすいキッチンとなっています。

アイランドキッチンのメリット

一般的なキッチンとは違って壁に接している面がないため、デザイン性が高くおしゃれに感じられます。

自由にレイアウトをアレンジできるため、好きなデザインや使いやすいデザインを追求することが可能です。

壁や仕切りがないキッチンのため、リビングとの一体感が得られ開放感があります。

アイランドキッチンは両側に入口があるため、複数人での作業にも向いています。

普通、調理中は一人の空間になりますが、壁の隔たりがないため家族や来客とも顔を合わせた状態で作業ができます。

アイランドキッチンのデメリット

アイランドキッチンは広いスペースと、通路幅を確保する必要があるため、間取り次第ではリビングが狭くなる可能性があります。

そのため、十分な広さを確保できるかどうかリフォームする前に確認しておきましょう。

開放的なキッチンなのでリビングから丸見えになりやすいです。

少しの汚れで汚く思われてしまう可能性があるので、常に清潔に保つように心がけなくてはなりません。

また、周りに壁がないので、臭いや煙が広がるのを防ぐためにも、換気システムや油ハネなどの汚れ対策も必要となります。

アイランドキッチンの配置

生活動線を考える

キッチンでの作業は多く、生活動線を考えることが非常に重要となってきます。

キッチン内の収納棚や冷蔵庫の場所も考慮して設置することで、料理中の移動の負担が軽減できます。

窓の位置も重要

窓が近くにあることで手元が明るくなり、気分転換にも繋がりますが、住宅の向きによっては採光量が多すぎてしまう場合もあり、コンロを使用した際にキッチン内が暑くなってしまう可能性があります。

光の差し込み方を考慮して配置場所を決めるとよいでしょう。

アイランドキッチンリフォ―ムの費用相場

アイランドキッチンリフォームの費用は基本費用とオプション費用の2要素から構成されています。

基本費用はアイランドキッチンの本体費用と基本施工費です。

オプション費用は食洗器(約8~10万)やIHクッキングヒーター(約15~20万)などです。

キッチンリフォームの中でもアイランドキッチンはリフォームが高額になりやすいです。

壁付けタイプのキッチンからのリフォームはスタンダードタイプで約150万円、ハイグレードタイプになると約200万円は必要になることもあります。

周りの棚や壁も取り付ける場合、背面収納棚で約20~50万円、手元を隠すことができる腰壁は10万前後となっています。

さらに、オプションの追加や配管工事、電気工事が必要な場合は値段は変わっていくため、あらかじめ予算は多めに確保しておきましょう。

一方で、100万円前後で施工できた例もあるので、予算を重視したい場合には、リフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

アイランドキッチンが高額になりやすい理由

アイランドキッチンは何故、他のキッチンに比べ高額になりやすいのでしょうか。

換気システムが高額なため

アイランドキッチンでは一般的に天井吊型センターフードが使用されています。

キッチンコンロの真上に設置する換気扇ですが、設置に特殊な工事が必要になるので、施工費が高くなってしまいます。

調理カウンターが大きいため

アイランドキッチンの場合、一般的なキッチンに比べて通常より大きなサイズの調理カウンターを使用するため、必然的に金額が高くなります。

リフォームにおいて業者は大切

アイランドキッチンのリフォームは業者ごとに、得意な工事や特色が大きく異なってきます。

納得がいくリフォームを目指す場合、ご自身に合った施工ができる業者選びが重要となります。

業者からの提案をあまり受けず、シンプルなデザインで予算を抑えたい場合は、地元の工務店がよいでしょう。

作業がしやすい間取りやおしゃれな空間の演出など、リフォーム業者からデザイン面での提案を受けたい場合は、当社で経験に基づくご提案をさせていただきます。

まとめ

アイランドキッチンにリフォームすることで間取りが大きく変わり、生活スタイルに影響をもたらすでしょう。

事前にデメリットや費用相場を把握することで、理想のプランや予算などアイランドキッチンへのリフォームが可能かどうか判断できたのではないでしょうか。

アイランドキッチンのリフォームが気になったり、不安な点ががあれば、お気軽にご相談お待ちしております。

関連記事